福岡県就労支援事業者機構は、刑務所出所者、保護観察対象者その他のみなさんへの就労支援を行うとともに、受け入れてくださる協力雇用事業所の拡大およびその広報・啓発活動を行っている特定非営利活動法人です。

ひとりひとりが自分にあった仕事を見つけ、社会に貢献しつつ、生活の糧を得ながら成長していく。

 

そんなあたり前のことをあたり前にできるようにするために、わたしたち福岡県就労支援事業者機構は、就労希望者の個性を尊重した“顔の見える就労支援”の実現を目指しています。






就労支援の必要性

刑務所出所者や少年院出院者、保護観察対象者等の方々は就職に際し壁にぶつかることも多く、経済的な自立ができないために再び犯罪や非行に走ってしまう人もいます。

 

そのような方々の就労を支援し就職に繋げることで経済的基盤を得てもらい、経済的な理由から再び同じ過ちを犯さないようになってほしいというのが本機構の第一の目的です。

 

また適切な職場に巡り合うことは、単に経済的な基盤を得るというにとどまらず、良好な人間関係を構築し新たな目標を見つけるきっかけにもなります。

 

このような刑務所出所者等の受け入れは、従来、保護観察所に登録した協力雇用主という篤志家の活動によって支えられてきました。

 

就労支援事業者機構は、一般市民や大企業の皆さんのご理解を得ていただいた寄付をもとに、実際に雇用を行う協力雇用事業所の活動を経済的にサポートとするとともに、社会に対する広報・啓蒙活動を行うことで協力雇用事業所の拡大と社会の就労支援への理解を広げる活動をしています。

 

>>就労支援の必要性


新着情報・お知らせ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

Facebookページ



「雇ってください」 by パピコ

福岡で活躍するシンガーソングライターの

パピコさんが、

福岡県就労支援事業者機構

設立5周年シンポジウム

「信じてくれた、だから立ち直れた。」

開催に向けて

”非行少年の就労”をテーマにして作ってくれた

曲のうちの一つです。 


 

「雇ってください」

 

もう遅いですか。

私には、時間がない。

もう会えませんか。

本当に、お願いします。

 

今日は、バースデイ。

金もなし、夢もない。

望みは、ただ1つ。

私を雇ってください。

 

真面目になって更生します。

もう一度だけ、チャンスをください。

 

望みは1つ。雇ってください。

望みは1つ。雇ってください。

 

雇ってください。